HOME>トピックス>タトゥーは明るい色だとレーザーが反応しにくくなる

タトゥーの種類によって施術が違う

タトゥー除去をする場合には、まずは大阪の美容皮膚科にて相談をすることから始めます。というのも、タトゥー自体に種類が多いので、種類に合わせて除去する方法を選択する必要があるからです。特に除去するのが難しいと言われているのがカラー入りのタトゥーです。カラーが入ってしまうと、レーザーだけでは取り除くことが難しくなります。黄色や赤といった暖色系を含んでいる場合、レーザーが反応しにくいという特徴があります。そうした理由から、事前にカウンセリングを受けて施術方針を決めた上で、タトゥー除去に取り掛かることが好ましいのです。

切縫法は完全に取り除ける

大阪のタトゥー除去の方法の一つに、切縫法というやり方があります。簡単に言えばタトゥーの入っている皮膚をまるごと切り取り、切り取った部分を縫い合わせるかなり原始的な方法です。シンプルかつ完全にタトゥーを除去することができます。ただし、切縫法には欠点があって広範囲のタトゥーの場合にはこの方法で除去することはできません。タトゥーが小さい場合には、その部分を切除して皮膚を縫い合わせることができるおすすめのやり方です。このように、タトゥーを除去する場合にはタトゥーに合わせた方法を選択できます。

広告募集中